クリーンサプライ「トピックス」クリーンサプライについての様々な話題をお伝えしていくブログです。

クリーンワイパーの豆知識2015.03.20

お客様でクリーンワイパーを選定される際は様々な項目で
性能評価します。一般的にはパーティクル(ドライ、ウェット)、
吸水性、溶出イオンが一般的です。

この内、パーティクルと吸水性については実は密接な関係があります。

以前は端面のみがパーティクルの主な原因と言われていましたが

最近では端面はもちろん、生地全体から発塵すると言われております。

 

生地の汲水性を上げる為には糸間に適度な隙間を設定する必要があり、

生地は厚くなります。しかし、厚みを持たせた生地は結果的に

糸の表面積が多くなる為に発塵が多くなる傾向です。

 

例えるならパワーとスピードの関係のような物です。筋肉を付ければ

パワーは上がるがスピードは落ちる傾向ですし、逆もまたしかりです。

クリーンワイパーの生地を作成する場合はバランスを取る事が重要です。

 

弊社が自社工場で製造しているエッジレスワイパーは非常に高いレベルで

パーティクルと吸水性のバランスを保っております。通常のクリーン

ワイパーとは全く違う製造方法で作成された本製品は他の追随を許さない

ハイクオリティワイパーです。又、日本で製造しておりますので

為替の影響は受けず、安定供給が可能となっております。ご興味のある方は

お気軽にHPまでお問い合わせ下さい。

 

お問合せ・資料請求

事業概要

クリーンサプライトピックスカテゴリー

月別アーカイブ

経済産業省の「グローバルニッチトップ企業100選」認定企業 ソルクレーブのご案内 クリーンサプライのご案内 耐熱バーコードラベルのご案内 クリーンサプライ「トピックス」 耐熱バーコードラベル「トピックス」